ぱい☆パニック挟まれたデカぱい(スマホ用エロい漫画)

動け無くなった巨乳OLにナニする?

この画像をタップ

ぱい☆パニック挟まれたデカぱい


ぱい☆パニック挟まれたデカぱいを紹介

どこにでもいるような普通のサラリーマンである高橋は、この会社に入った時から、ある女性に大注目していた。

その人、堀川さんは、黒くて綺麗なロングヘアーで、仕事が凄く出来まくりで、トドメはデカいおっぱいが激しく魅力的なのだ。

しかし、高橋は、わりとショボイ奴なので、直接彼女に特攻する事ができないでいた。

ただ、悶々と危ない妄想を繰り広げているだけで、どうやったら彼女と仲良くなれるかばかりを考えている。

ある日、彼は、いつものように堀川さんを見るだけのストーキングを行っていたが、トイレに行くのか、そのままオフィスを後にした彼女を見送った、その直後、いきなり大きなベルのような音が鳴り響いた。


助けるはずが凄い展開になっちゃったw

△  △
アノ辺りをタップして!


周囲の社員は驚きパニック状態となったが、それが火災警報器の音だとわかってからは、その混乱に拍車がかかった。

みんなが逃げようとする中、高橋は、堀川さんが気になり、禁断の女子トイレへ入ろうとしたが、ドアに傘が挟まっていて開かなくなっている。

で、傘を取り除き中を確認すると、何故か彼女がデカ過ぎるおっぱいを小窓に挟んだ状態で、身動きが取れなくなっていた。

女子トイレへの高橋の乱入に抗議の声を上げる堀川さんをスルーして、背後から引っ張って助けようとするが、すっぽ抜けたのはスカートだけだった。

この時点で彼女は大パニックだが、よく見ると、目の前には無抵抗な憧れの女性の股間が・・・

どうする?高橋。

ぱい☆パニック挟まれたデカぱいの感想と解説

巨乳が好きで、さらにOLもイケるって人に超オススメなのが、「ぱい☆パニック~挟まれたデカぱい~」です。

話の展開自体は、ちょっと笑えるようなものですが、登場するヒロインとエッチシーンに大きな魅力があります。

まず、ヒロインですが、タイトルにもあるようにデカいおっぱいという強力な武器を持つ美女です。

普段はクール系みたいですが、火事という現場で、ドアが開かなくなる状態に動揺しまくり、見た目的に抜け出せそうにない小さな窓から脱出しようとして、思いきりデカぱいを挟んで動けなくなってしまいます。

この出来る系の美女が、いきなりドジっ娘のようになるギャップが最高ですね。

そこへ、まるでトドメをさすかの如く、高橋がやってくるから面白くなります。

しかも、救助しようとしてラッキースケベを乱発し、事態を深刻化させるとか笑えます。

これだけ笑わせておいてから、ようやく火事場でのエッチシーンになりますが、ここでの堀川さんの反応が可愛すぎですよ。

この極端なストーリー展開が、この作品の魅力と言えるでしょうね。